注目キーワード
  1. ユニフォーム

少年チームなどチーム管理で長期使用のユニフォームに昇華プリントを推奨する理由

皆さんこんばんは、ハイパーユニフォームアドバイザーの原島です。

 

今回は、少年チームなどに多い、チーム側で管理する長期使用のユニフォームに、昇華プリントでの作製を推奨する理由について、実際のユニフォーム作製対応事例を用いてご紹介していきたいと思います。

 

参考

昇華プリントのメリット・デメリットについての過去記事

 

今回、対応させていただきました少年チームは、ユニフォームがチーム側の管理とのことで、お客様からユニフォームへのご希望内容をヒヤリングしたところ、1番のポイントはメーカー側の廃盤に左右されず、後々の追加対応が可能なこと、ここだと感じました。

 

後々に同じユニフォームを追加で作ることができないことに対して、違うユニフォームで新たに作ることは予算面で大きな負担になると考えられます。

 

その他、デザイン面(特に使用するカラー)の希望や長期活用されていくことなども含めて、予算としては高めではありますが、昇華プリントユニフォームでの作製を提案させていただきました。

 

昇華プリントユニフォームを提案した理由

 

1)生産の安定感

理由の1つ目は、1番のポイントでもある廃盤の概念がなく極端な話、生産工場が閉鎖にでもならない限り、1着からでも追加生産が可能な点です。

 

弊社運営ブランドLEGIT(レジット)では、国内の生産工場を活用しているため、初回生産時はもちろん、追加生産時も納期が非常に安定しており、使用予定日から逆算した生産スケジュールが立てやすいです。

 

2)プリント部分が劣化しない

理由の2つ目は背番号やチーム名、チームエンブレムなどのプリント部分が劣化しない点です。

 

これはチームによって考え方が異なるかと思いますが、

 

年度毎に新ユニフォームを作製されるようであれば、そこまでの懸念事項ではありませんが、複数年度に渡ってユニフォームを長期活用される場合、プリント面が剥がれるということがないため昇華プリントのメリットが大きく活きてきます。

 

3)通気性

3つ目の理由は、2つ目と同じくプリント面に関してですが、生地に直接浸透させる昇華プリントは、シートを張る圧着プリントに比べて、背番号などのプリント面の通気性に優れています。

 

近年、特に夏場に熱中症の話題を目にする機会が増えたように感じますが、その対策の1つとしても有効かと思われます。

 

4)カラー

4つ目の理由はデザイン面、特にカラーリングのことで、昇華プリントだと表現できる色が圧倒的に豊富な点です。

 

例えば既存のチームウェアやチームエンブレムなどに使っている色に合わせたい場合や、珍しいカラーを使いたいなどの細かい色の希望がある場合などに対応可能です。

 

まとめ

 

冒頭でも述べましたが、パッと見た価格では昇華プリントの方が高く見えることの方がほとんどだと思います。

 

ただし、今回のように、特に長期に渡って同じユニフォームを活用される場合、長い目で見ると結果的に安くなることも考えられます

 

もちろん低予算でもユニフォームは作製可能ですし、ご希望内容によっては、昇華プリントではない作製パターンをご提案しておりますので、作製前に一度、どんな環境で活用されていくのかなど、ご希望内容を聞かせてもらえればと思います。

 

なお、今回のお話は、実は私の甥っ子が所属している少年チームのユニフォームの作製事例で、当初、低予算での作製プランも一緒に揃えて提案致しましたが、昇華プリントでの作製をご選択いただきました。

 

チームや子供たちに長く愛されるユニフォームになってくれることを楽しみにしています。

 

サッカー、フットサルチームのユニフォームやチームウェアの作製について、お気軽に私宛までお問合せください!

関連記事

当ブログの内容や弊社事業(LEGIT、イベント、パートナー)等、ご不明な点やご要望について、お気軽にお問い合わせください。[…]

それでは皆さんまた!

LEGIT