注目キーワード
  1. ユニフォーム

【昇華プリントユニフォーム作製事例(13)】ワントーンペイズリー柄 F.O.A OSAKA フットサルクラブ様

皆さんこんにちは、ハイパーユニフォームアドバイザー原島です^^

 

弊社運営ブランド【LEGIT/レジット】でのサッカー、フットサルの昇華プリントユニフォーム作製事例紹介、今回はF.O.A OSAKA フットサルクラブ様です!

ベース色の濃淡調整でのペイズリー柄

LEGIT/レジットの昇華プリントユニフォーム作製事例において、私から提案させていただくことも多く、また特に人気のパターンでもあるのが、総柄のワントーンパターンです。

 

今回の作製事例はメインのカラーと濃淡を調整したペイズリー柄がポイントです。

 

シャツがレッド、パンツがブラックをベースにしたフィールドプレーヤー

F.O.A OSAKA フットサルクラブ

 

シャツ・パンツ共にターコイズブルーをベースにしたゴールキーパー

F.O.A OSAKA フットサルクラブ

 

こちらはどちらも1st、ホームユニフォームですが、2nd、アウェイユニフォームも同テンプレートの色違いにて作製しております。

 

ユニフォーム作製ポイント

デザインベース
ペイズリー柄テンプレート(メインカラーの濃淡調整)

追加デザイン
特になし

袖仕様
セットインタイプ

襟仕様
丸首タイプ

ロゴ入れ
全胸・背番号上・パンツ左足:スポンサーロゴ

マーキング
袖口:地域名
左胸:チームエンブレム
背番号下:ネーム
番号:背中・全胸ロゴ下中央・パンツ右足

番号フォント
テンプレート型(枠付き)

他の多くのユニフォーム作製事例同様、総柄ベース、マーキング・ロゴ入れ箇所が多くても価格が変わらない点など、昇華プリントでの作製メリットが活かされています。

今回採用いただいたペイズリー柄は、LEGIT/レジット昇華プリントユニフォームのテンプレートの1つとして展開予定で、カラーを変えて簡単にオリジナルユニフォームの作製が可能です!

 

アパレルでも目にする機会が多いですが、スポーツウェアでもバンダナ柄、ペイズリー柄のような柄物のウェア、ユニフォームが最近では各ブランドでかなり増えてきているように感じます。

 

上下総柄ではなくても、例えば袖だけとか、シャツだけ、パンツだけとか、ボーダー部分だけがペイズリー柄、なんていうことも可能です。

 

ということで、今回はメインカラーをベースにした濃淡調整でのペイズリー柄ユニフォーム作製事例として、ご参考いただければと思います^^

 

ユニフォーム作製のご相談、お気軽に私宛までお問合せください!

 

https://football-japan.co.jp/blog/contact-form

 

弊社運営フットボールブランド【LEGIT/レジット】LEGIT/レジット

それでは皆さんまた!

LEGIT

LEGIT/レジットの最新記事4件